事例紹介 /戸建用地/大田区北千束


世間様は新年度、4月になってしまった・・・。3月はブログ更新できなかった・・・・。


はて、3月はナニをしていたのだろう?

あれ、昨日はナニしてたっけ??

もはや昨日のことすら覚えていないAGT不動産開発事業部でございます。


1ヶ月以上ぶりの更新です。さすがに社内のみんなから怒られました。つらい。


言い訳はしません。わす・・・ええ、仕事してましたよ、決まってるでしょ!(←逆ギレ)


というわけで(←どういうわけ?)、今回は引渡し済みの物件の記事としましょう。


場所は東急目黒線・大井町線の大岡山駅が最寄りの大田区北千束です。目黒区と大田区のほぼ境にあるこの駅。駅前商店街は個人的には好きな商店街の一つです。大岡山の先にある自由が丘より何というか・・・サッパリしているというか、ゴチャゴチャ感がないというか、庶民的というか、でもちょっと奥に入るとオシャレなお店があったりして親近感があります。あ、別に自由が丘をディスっているわけではございませんので悪しからず。




さて物件は大岡山駅北口の商店街から徒歩4分ほどにある静かな住宅街。約40坪の古家付きの土地を仕入れました。




前面は私道、しかも通り抜けができない所謂「ドンツキ」の一番奥です。しかしポジティブに捉えると前面道路は一部所有もしているし接道部分はほぼ本物件の所有者が使用できるスペースになることも確か・・・。前向きに行きましょう、前向きに。




普通の建売業者さんや売主業者さんなら40坪あれば2区画現場、あわよくば3区画現場に分割を目論むところですが、ここは第一種低層住居専用地域、建ぺい率50%、容積率100%。分割は事実上不可能です。だって分割したら斜線制限も相まって良いプランの建物が建てられないですからね。




建物を建てるには用途地域や建ぺい率、容積率などと合わせて高度地区、高さ制限、日影制限、道路斜線、北側斜線、隣地斜線などなど、さまざまな制限がかかってしまいます。それらを全てクリアできて初めてお客様のご要望されるプランができあがっていくのです。ですからプランニングには多くの時間が費やされるのです。


今回の土地はさまざまな制限がかかる=分割できなくはないけど実際無理、私道のドンツキという立地も考えると他の業者さんでは手掛けられないだろう、という予想のもとでの仕入れでした。


そして現在ではご購入いただいたお客様により、カッコ良くて素敵な建物が出来上がりつつありました!




これはカッコいいですね・・・。今、流行りなんでしょうかね、グレー・ブラック系の外壁って(私の自宅周辺も新築ラッシュでしたがグレー・ブラック系外壁が多いですねー)。バルコニー部の外壁もオシャレです。


お買い求めいただいたお客様、そして販売にご尽力くださった仲介業者様、どうもありがとうございました。


このように他社様では検討しづらいような土地をAGT不動産開発事業部は得意としておりますので、ウチはこんな土地だけど売れるかな、なんてお考えでしたら、お気軽に当社までご相談してみてくださいね!


もちろん仲介業者様からの売却案件の情報も常時お待ちしておりますので、ぜひご連絡くださいませ!!


買取案件情報、大募集中!
ご連絡をお待ちしております!!