• エニーゴールドトラスト

2020年4月より賃貸中物件の融資残高が多い方は自宅が購入しにくくなりました。

①【フラット35】2020年4月の主な制度変更事項のお知らせ 主には ・総返済負担率の算定に含める借入金の対象を一部見直します (1)賃貸予定又は賃貸中の住宅に係る借入金の返済額を年間合計返済額の対象に追加   ご利用条件における「総返済負担率(=年収に占める年間合計返済額の割合)」の算定について、「賃貸予定又は賃貸中の住宅に係る借入金の返済額」を年間合計返済額の対象に含める取扱いとします※。  ※当該借入金が賃貸用のアパート向けのローン(ローンの対象が1棟の共同住宅)であることが確認できる場合は、年間合計返済額の対象には含めません。  ローンの対象が1棟の共同住宅であることについては、対象建物の登記事項証明書等をご提出いただき、お申込みの金融機関において確認させていただきます。 (2)売却予定の住宅に係る住宅ローンの取扱いの見直し   返済中の住宅ローンの融資対象となっている現在居住している住宅を売却予定で、その   売却予定額により当該住宅ローンを完済できることが確認できる場合に限り、   総返済負担率の算定において当該住宅ローンの返済額を年間合計返済額から除くことが   できることとします※。   ※売却予定額が現在返済中の住宅ローンの残高に満たない場合であっても、住宅ローンの残額と売却予定額との差額を手持金や新規借入金で賄うことが資料等により確認できるときは、総返済負担率の算定において現在返済中の住宅ローンの返済額を年間合計返済額から除くことができます。   https://www.flat35.com/files/400352273.pdf

最新記事

すべて表示

不動産マーケット動向 2020年3月

★☆《国土交通省》 ★☆  国土交通月例経済(令和2年2月号)(3月9日公表) http://www.mlit.go.jp/toukeijouhou/getsurei/r02/02/getsurei0202.html 不動産価格指数(令和元年12月・第4四半期分)   www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo05_hh_000204.html ★

賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律案」を閣議決定

良好な居住環境を備えた賃貸住宅の安定的な確保を図るため、サブリース業者と所有者との間の賃貸借契約の適正化のための措置を講ずるとともに、賃貸住宅管理業を営む者に係る登録制度を設け、その業務の適正な運営を確保する「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律案」が、3月6日、閣議決定されました。 [法律案の概要] (1)サブリース業者と所有者との間の賃貸借契約の適正化に係る措置   〇全てのサブリー

住所

問い合わせ

Tel : 03-6809-4475

Fax: 03-6809-4476

フォロー

  • Facebook Any Gold Trust

© 2019-2020 Any Gold Trust Inc.